So-net無料ブログ作成

ウルトラマン出現!? [日記・雑感]

もう10年以上小田急沿線に住まいしていますが、先日用があって、初めて成城学園前駅に降り立ちました。

会社のある町田駅から新宿まで乗ると、最近は下北沢など3駅が地下化されたのですが、以前は成城学園前だけが地下のような雰囲気を持ったホームで(実際には地下ではないのですが・・・)通過する時もすぐに分かったものです。

その成城学園前から歩くこと数分、普通の町並みに突然・・・

ウルトラマンが現われました[exclamation&question]

ウルトラマン縦.JPG

よく見てみると「ウルトラマン商店街」と書いてあります[ひらめき]

ウルトラマン横.JPG

かといって、あたりを見回しても商店街らしき雰囲気はないのですが、きっともう少し行くとあるのでしょうね・・・時間の約束があり急いでいたので、実際の商店街の雰囲気を味わえなかったのは残念でしたが、突然の出現に少々驚きました(^^;)

帰って調べてみると、円谷プロダクションの本社が砧7丁目に、また円谷英ニ氏の自宅が祖師谷3丁目(ウルトラマン商店街内)にあるため、40年ほど前から交流があり、祖師谷・砧等の地域にゆかりの深い「ウルトラマン」を核に、まちづくり協議会(ウルトラまちづくりの会)を設立。2005年4月3日に「ウルトラマン商店街」が誕生したのだそうです。

駅前には「ウルトラマン」像が仁王立ちして、街の治安を監視しているのだそうですが、残念なことにこれは見逃しました[あせあせ(飛び散る汗)]

また行く機会があれば是非みてみたいものです[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

オペレーターの声 [テレマーケティング]

職業柄、「声」には敏感かもしれません。

高い声、低い声、明るい声、暗い声、軽い声、重い声・・・
一口に「声」と言っても人それぞれ個性があります。

また「聞いた感じ」としての個性だけでなく、家族などは当然としても他人でさえ、声を聞くだけである程度個人を特定できるほどに千差万別です。

声を「周波数・時間・強度」を元にグラフ化した声紋は、指紋や網膜などと共に生体認証に使用されるほどですから、当然ですね。

さて、テレマのオペレーターというお仕事は当然「声」が重要で、またクライアントの種類によっても自分の声が武器になったり、マイナス要素になったりもします。

信頼感が重要な商材において、あまり可愛らしく軽やかな声で電話をしても微妙ですし、逆に趣味やリラクゼーションなどに関する商材において落ち着いた重厚な声で電話をしてもイメージが湧きませんね(^^;)

テレマを実施する業種によって、また、その商材が男性向け・女性向けの別や、企業向け・一般消費者向けの別などでも、求められる必要な声・ふさわしい声というのは変わってきます。

こうした持って生まれた声そのもの以外に、声には話している時の感情が表れます。喜怒哀楽が声を聞けば伝わりますので、「イヤだなぁ」等とテンションの上がらない状態で仕事をしていると、それはたちまち見抜かれてしまいます。

また、自分の利益のための電話か、相手に良かれと思っての電話かなども、余程の演技達者ならいざ知らず、ある程度は伝わってしまうものなのです。

よく自宅にかかってくるマンションや健康食品などのテレマで、最初は異常なまでに愛想よく話していたのに、見込みがないと分かるや否や、手の平を返したようにつっけんどんにガチャンと切るような質の悪いテレマを受けると、名乗った会社に対する印象が悪くなるのは当然ですが、「これだからテレマそのものの印象が悪くなってしまうのよね・・」と悲しくなってしまいます。

テレマのオペレーターは、ただ電話をかけるだけ・・・とお考えになる方も多いことでしょう。けれども、クライアントに真にお役に立つテレマ結果を得る為には、真摯に自分の心の状態を整え、電話先の相手を気遣い、そして相手の話を受けて臨機応変に会話を進めていくスキルも必要になります。

弊社のオペレーターには、それぞれの個性を生かしつつ、基本姿勢としての教育を上記のような点を踏まえて指導していますので、安心してお任せいただけます。

単に「テレマ」と十把ひとからげにはして頂きたくないほどのプライドを持って、それぞれが取り組んでいます。

バナナフェア [日記・雑感]

たまたま行ったあるスーパーの店頭近く、果物コーナーで珍しいフェアに出会いました。

バナナ売り場.JPG

そう、バナナフェアです[ひらめき]

棚には、大小色々なサイズのバナナや、見たこともないような赤紫のバナナ等が並べられていました。その中で興味をそそられたのが「ツンドク」というバナナです。

バナナ一本.JPGバナナ値段.JPG

名前からすると「積んどく」見たいで、商店にとっては響きの良くない名前ですが(^^;)、なんと生食用ではなく調理用だというのです。
そもそも、お魚じゃあるまいし、バナナに対して「生食用」という言葉を使うことも可笑しかったのですが、南の国では若いバナナを調理して食すと聞いたことがあり、それがこんな街角の店頭で入手できることに感慨を覚えました[ぴかぴか(新しい)]

ただ、調理の仕方も分からないし、そもそもバナナは少々苦手なので、購入はしませんでしたが、面白い企画だなぁと思いました[揺れるハート]

コンビニ [日記・雑感]

新年度が始まりました!
身の回りの環境等が大きく変わった方も多いことかと思います。
環境の変化と言えば・・・

3月、会社の近くのコンビニが相次いで閉店しました。[がく~(落胆した顔)]
それも1店舗ではなく、3社で計4店舗[exclamation×2]

そんなに頻繁に行くわけではなかったので、ある日に用があって行ってみたら既に閉店していて驚かされる始末!やはり、不況の波はこんなところにも表れるんですね(^^;)
年度切り替わりも多少影響しているのかもしれません・・・

特に、Se社のコンビニは銀行ATMで大変お世話になっていたので、ちょっと手近に使える店がなくなってしまい、微妙に不便を感じています。そのSe社のコンビニはもう少し離れた場所のもう1店舗も同時期につぶれてしまったので、特に驚きました。

ところが、今度は耳寄りなお知らせが・・・
その私がATMを利用しているコンビニSe社が、まるで統合して新装オープンでもするかのごとく、つぶれた2店舗の中間地点に新たにオープンするというのです[るんるん]

しかも、再オープンするその場所は、別のコンビニSa社が最近つぶれた場所・・・まぁ、私としては、便利になるので構わないのですが、Sa社をやってたオーナーがSe社に鞍替えしたのか、或いはつぶれた2店舗が一緒に再開したのか、はたまた全く別のオーナーが新規で開店したのか、別にどうでもよいのですが、少々気になるところです(^^;)

コンビニ=コンビニエンスストア・・・
つまり、「ちょっと便利なお店」であり続ける為には、日常いつも必要なわけではないけれども、いざという時にサッと買いたい、といった品々を揃えている必要があるわけで、やっぱり経営的には大変なんだろうなぁと感じました。

今度の新装オープン店は長く存在してくれることを願うばかりです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。